自然派・無添加化粧品のこだわり

お肌をサビさせない水。
抗酸化パワーの強い水=活性酸素を無害化する力の水
水分を補給しながら角質を整え、お肌自らが水分を貯える力を引出す化粧品
マイナスイオン還元水をベースにお作りした自然派・7つの無添加化粧品
他にもシリコン、合成ポリマー無添加処方ににてもお作りします。

お肌の潤い、お肌のお悩み改善、日頃のお化粧に・・・よりよいコンディションのお肌に変身 させる"乾かない角質層"を保つ保湿ケアは"乾かない肌"を育みます。
お肌の様々なトラブルは、すべて水分保持機能の低下が原因です。

活性の高い"マイナスイオン水"を基本にしたスキンケアを提案します。

「マイナスイオン水」を使用することにより、有効成分が角質の奥迄浸透力が大幅にアップし、 さらに、マイナスイオン還元作用で皮膚の酸化を防止します。
弊社が長年にわたって研究してきたテーマの一つに、化粧品の「有効成分」を乳化剤等々の助け を借りずにお肌に負担をかけることなく浸透させる方法を研究、開発してきました。
一般的なスキンケア化粧品の土台とも言える成分の80%以上がお水です。
化粧品は"水が命"なのです。"水"にこだわりをもって、化粧品の大部分を占めるベースに、抜群の肌活性効果のある「マイナスイオン還元水」を使用した化粧品を提案しています。
「化粧品は"水"が命です」「酸化=腐る 水」と「還元=サビない、腐らない、酸化されない」水の違いは明らかです。
マイナスイオン水の中の釘は 6ケ月後でも酸化(=錆びる・ 腐る)していません。 (抗酸化作用)
通常の精製水の中の釘は翌日 には酸化(=錆びる・腐る)してし まいました。
マイナスイオン水をベースにお作りした化粧品は肌表面を潤すのは勿論のこと、角質層の奥迄 浸透し、角質層全体を健やかな状態に導いて、年齢に負けない自ら美しくなろうとする力を引 き出す、手助けをするための化粧品です。
どんなに効果の高い美容成分やオーガニック原料が配合された化粧品でも、使用されている水が精製水では意味がありません。
還元された水、抗酸化力のある水、機能する水でなければ意味がありません。

お肌の機能を取り戻す鍵。それは、化粧品の中で最も多く配合されている「水」なのです。
化粧品のベースとなる水は天然水を処理した還元力の高いマイナスイオン還元水(ハイドロイ オンウオーター)をベースでお作りしています。

弊社がおすすめしている基礎化粧品は、油分を乳化させるために界面活性剤(乳化剤)を使った化粧品はおすすめしません。
ノンオイル処方を推奨しております。 一般的な鉱物油や油分の入った基礎化粧品を使われていた方が、オイルフリーの基礎化粧品に 取り替えると、物足りなさや、潤い不足と勘違いしてしまわれる方がいます。
これは、肌の保護膜であるNMFを自分自身の肌で作ることが出来なくなっている証拠です。
今まで、油分の入った乳液やクリーム、ファンデーションの「オイルで肌にふたをして人工的な潤いを続けた結果、肌を甘やかしていたつけが回ってきたのです。
こうなると、多くの方が保湿力の強い(と、思い込んでいる)鉱物油等々油分の入った基 礎化粧品に戻ってしまいます。

当然ながら油分が入ったクリームや乳液等々には油分を乳化させるために「水と油」を界面活性剤(乳化剤)で乳化させ、つけたとたんに浸透して即効的に潤った感じになります。

界面活性剤(乳化剤)で油分を乳化させて作られる処方の乳液や、クリーム、美容液等々を毎 日繰り返し使い続ける上に一日中塗り切りで洗い流さない基礎化粧品においては、長年の使用 で肌の細胞劣化の原因になるので、極力ご使用は控えたいものです。

"乾かない角質層"を保つ保湿ケアは"乾かない肌"を育みます。
お肌の様々なトラブルは、すべて水分保持機能の低下が原因です。
乳液やクリームでの「油分で蓋をすること」ではありません。
肌の表面に油分や化学物質の潤いではなく、ご自身の潤いを引き出す肌づくりで、水分主体の保湿液の潤いが大切です。

科学の進歩とともに、スキンケアのキーポイントは、「油分」から「水」へと変わっていきました。水は、すべての生命の源であり、若さを保ち、健康を維持していく上で欠かすことの出来ない要素です。そして、この「機能する水」の補給こそが、若々しく美しい素肌を保つ最大の秘訣なのです。

如何に有害化学物質から消費者を守るかが私たちの課題でもあります。現在も効果的で安 全な消費者の方から支持される製品を常に日々新しい処方を開発しております。

マイナスイオン還元水をベースにお作りした自然派・7つの無添加化粧品をおすすめ致します。

TOPICS

三協テクノFACEBOOK
三協テクノTWITTER